PVアクセスランキング にほんブログ村

雑記

【恐怖】ギャンブル依存症を克服した体験談を語る【強烈な親の一言】

2019年5月17日

夕焼けはたのん

夕焼けはたのん

アラフォーの夫婦。 北海道でひきこもりながらまったりと生活しています。 お互い障がいを持っているけど時々鬱になりながらも元気に暮らしています。管理人夕焼けはゲームアニメお絵かきが好きで、妻のはたのんは手芸、歌が好きです。 時々作業所という障がいを持った一般就労を目指す所でまったりと訓練中 闘病しながら生きる事をエンジョイ中

ギャンブルにはまり借金もして苦しんでいる人がギャンブル依存症の克服方法を知りたい方向けに記事を書いています。

僕の体験談を混じりながら説明させていただきます。

僕も若いころは相当なギャンブル中毒者で完全に依存症だったんですね。

そんな体験談を持っているので信頼の担保にしてもらえたら嬉しいです。

ギャンブル依存症の克服方法


ギャンブル依存症を克服するにはそれを上回る恐怖体験をしなければならない。


それで初めて目が覚めます。

そのくらいギャンブル依存症とは恐ろしいものなのです。

逆にこの恐怖体験もしくはショックな出来事を体験することによりギャンブルがしたいという欲求がすぱっと抜けます。

詳しく説明させていただきます。

なぜ恐怖体験やショックな出来事が必要なのか

ギャンブル依存症になってしまったら、もうギャンブルという行動は完全なルーティーンになってしまい、なかなか抜け出せなくなるんです。

「お前タバコくさいからもうやめろ」とか

「息くさいから呼吸やめろ」と言われているのと同じで、

「ギャンブルは金の無駄だからやめろ」と言われても「無理!」というお話になるのです。




僕は息は普通だと思いますが、18歳ぐらいのころからタバコを吸い続け、39歳(2020年5月)でタバコをやめれました。

離煙パイプという便利なアイテムで禁煙に成功しましたが、これがなかったらまだタバコ吸ってるかも。

離煙パイプについては以下記事にて説明してます。

タバコやめるのも一苦労で何度も禁煙を決意しては挫折を繰り返していたのです。




だからギャンブルもやめるには強い理由が必要なんですね。

それが、恐怖体験やショックな出来事なのです。

そのくらいの強い理由がなければなかなかギャンブル依存症は抜け出せないでしょう。

少なくとも僕はそうでした。

僕もギャンブルで負けるたびに馬鹿臭くなり何度もやめてやるー!って思ったのですが、依存症になっているため結局またパチンコ屋に行ってしまうんですよね・・・。

次のページへ >


やまと
ここまで読んでくれてありがとうなの~ん
今回もタメになる記事だったわね
みょんむ
やまと
これからも頑張って書いてくのでよろしくなの~ん。キャハ💛


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
夕焼けはたのん

夕焼けはたのん

アラフォーの夫婦。 北海道でひきこもりながらまったりと生活しています。 お互い障がいを持っているけど時々鬱になりながらも元気に暮らしています。管理人夕焼けはゲームアニメお絵かきが好きで、妻のはたのんは手芸、歌が好きです。 時々作業所という障がいを持った一般就労を目指す所でまったりと訓練中 闘病しながら生きる事をエンジョイ中

-雑記

© 2022 スマイル☆みんがお