FC2ブログ

アルコール依存症とは。早期治療で早く治せる可能性

日本国内には約80万人ものアルコール依存症患者が居ると言われています。


日常的にお酒を飲む人は、誰でもアルコール依存症のリスクを背負っています。


そんなアルコール依存症とは、いったいどんな病気なのでしょうか?


今回は、アルコール依存症についてご紹介いたします。



アルコール依存症とは



ビールや焼酎、日本酒、ワインなど、日本では20歳を迎えると自由に飲酒することができるようになります。


美味しい味にハマる人が多いですが、アルコールは薬物であるということをご存知ですか?


アルコールを長期間にわたって摂取し続けることで、お酒がないといられなくなる状態が起こることがあります。


例えば、仕事中やこれから運転するという時などでアルコールを摂取してはいけない時でも、我慢できずに飲酒してしまう。


「今日は飲みすぎないようにしよう」と決めても、酔いつぶれるまで飲んでしまうなど。


このような状態がしばしばみられるという人は、アルコール依存症の可能性があります。


アルコール依存症は、アルコールを摂取する全ての人が陥る可能性がある病気で、仮にアルコール依存症になったとしても、ほとんどの患者がアルコールを断つことを拒否する「否認の病」です。

アルコール依存症の治療方法



これまでご紹介してきたような症状がある場合、早期に治療すれば早くに回復する可能性があります。


アルコール依存症の治療は精神科で行われ、治療の主体は日本では入院治療が基本となります。


入院中は、


1.解毒治療 … 体と心に行っている合併症や離脱症状の治療
2.リハビリ治療 … 断酒への決意へ導く集団精神療法や、自助グループへの参加。抗酒薬の投与を開始する
3.アフターケア … 通院治療や抗酒薬の服用。自助グループへの参加など、アフターケアの三本柱を継続します


アルコール依存症の治療で大切なのが、本人に断酒を決意する意思を持たせることです。
本人が「酒をやめたい」と思わなければ、どんな治療も意味を成しません。


そのため、個人精神療法や集団精神療法などで、本人に飲酒問題の現実を認めさせ、断酒の決意へと導きます。

まとめ




アルコール依存症は誰でも陥る可能性がある病気です。
しかし、アルコール依存症の患者はアルコールを断つことを拒否することが多く、治療を始める前に、患者本人に「アルコールを辞めたい」と強く決意してもらうことが必要です。


アルコール依存症は早期に治療すれば早くに完治できる病気なので、アルコール依存症に悩んだら早めに精神科を受診しましょう。


ストレスから病気になる理由について詳しく説明しております。
ストレスから病気になる理由とは。心療内科と精神科どちらを受診すればいい?
関連記事

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

夕焼け

Author:夕焼け
夫婦でブログ運営しています。まだ一年も運営していないひよっこブロガーです。このブログに載せている商品は僕たちが実際に使って「これは良い!」と思った商品をおすすめしています。お気に入りのものが見つかりますように(*^.^*)v

かっぱと愉快な仲間たちスタンプ

はたのんが作ったラインスタンプが好評発売中です!良かったらご購入ください!


はたのんギャラリー

ハンドメイド作品も販売してます!良かったらご購入ください!




詳しいプロフィール詳細はこちら

ここからお買い物お願いします

楽天市場