日記

大人だけどぬいぐるみが好き!

こんにちは、はたのんです(^▽^*)ノ
私は子供の頃から人形が好きでした。
人形と言っても、色んな種類がありますよね。
ぬいぐるみ
リカちゃん人形
眼球が入ったようなリアルなものもあります。
今回は、はたのんの、思い出と人形に対する思いを書きます。

幼稚園の頃の友達[ミミちゃん]

幼稚園の頃は、うさぎのミミちゃんという大きめの、
ぬいぐるみが友達でした。
最初は、服もなにも着てなかったのですが
遊んでる内に所々、穴があいてしまうようになったので
母がミミちゃん用の服(スモックみたいなもの)を作って、
縫い付けてくれました。
ミミちゃんと、どんな遊びをしてたかと言うと一言で言えば
[おままごと]です。
私が、ミミちゃんのお母さんになってオムツを替えたり
してました。
あと、抱っこ紐みたいな物を使っておんぶしてあげたり
してました。
幼稚園の頃の私は、毛糸のパンツを履いていたので
それも履かせてました。
(丁度、ミミちゃんにジャストフィットしてたので
履かせて満足してました)

運命の友達[かっぱちゃん]

小学生に上がると、親戚のおばさんにカッパのぬいぐるみを2つ
貰って、かっぱちゃん・花ちゃんと名前を付けて可愛がって
ましたが、いつしか妹は花ちゃんを手放してしまい・・・。
私は心の中で(私も、いつか、かっぱちゃんとお別れする
時が来るのかな・・・。いつまでも、かっぱちゃんを好きで
いたい)と思ってました。
大人にならなくていい、かっぱちゃんに寂しい思いを
させるなら、ずっと子供のままでいいと強く思ってました。
これが、かっぱちゃんです↓
nin1.jpeg
妻が作ったラインスタンプが好評発売中です!
良かったら↓からご購入ください!
ラインスタンプ
の、かっぱちゃんは、この子が元になってます(^_^)
かなり黒く変形してますが、カッパのぬいぐるみです。
(人に、ゴリラ??と言われてしまいますが^_^;;)
家に来たばかりの頃は、頭のお皿周りに白い毛が
フサフサとありましたが、今はガビガビです。
きゅうりも変色してて、よく『夫が腐ったウィンナーwww』と
笑うたびに私が「ぬか漬けだから、こんな色なの!!」と
言ってます。
かっぱちゃんの体に、タグが付いてあったのですが、
子供の頃に取ってしまい、どこの会社の製品が分からなかったので
知りたくて、前にインターネットで調べ、セキグチという会社に
問い合わせたところ、1980年代の[かっぱのキューキュー]ですと
言われ凄く嬉しかったです(*^_^*)
今は、もう鳴らないけど家に来たばかりの頃は
お腹を押すとキューキューと音が鳴るようになってました。
病んでた時、かっぱちゃんに辛い思いを何度もさせて
しまったけど、いつも側に居てくれました。
妹に『かっぱちゃんは、はたのんにとって人生の一部だよね』と
言われるくらい、大事な存在です(*^_^*)
小学生の頃、[かっぱちゃんをずっと好きでいる!]と誓い?を
立てたからか、今でも、かっぱちゃんが大好きです。

増え続けた人形たち

nin3.jpeg
↑この他にも、球体間接人形などが居ます。
リサイクルショップで買った子
手作りの子
クレーンゲームで取った子など色々居ますが、正直、
全員を可愛がれてません(^_^;;)
たまに、顔を見ると寂しそうに見えて撫でてあげたり
抱っこしたりしてますが、心の中で[ごめんね・・・]と
謝ります。
最近は、可愛がれないなら買わない・取らない(クレーンゲーム)と
強く思ってるので増えてませんが、ぬいぐるみって
癒されますね。
側に居るだけで、触れてるだけで安心感があるのですが
人形好きとして真剣に考えた事は、それって都合良い
だけなのでは?と思ってしまいます。
人形にしてみたら、愛されたい・触れて欲しいと
思ってるのでは?
『「無責任な事しないでよ!」』
・・・と、思ってるかもしれない。
そんな事を真剣に考える時があり、フリーズして
夫に『何を考えてるの?』と聞かれる事があります(^_^;;)
私が死んだら、かっぱちゃんや他の子たちはどうなるんだろう?
一緒に焼いてもらう?
でも、熱くないかな?・・・などなど・・・。
考え出したらキリが無いのですが、ずっと一緒に居れたら・・・!!と
強く思うのです。

-日記

© 2020 スマイル☆みんがお Powered by AFFINGER5