FC2ブログ

自律神経失調症の原因と4つのタイプとは

自律神経失調症は広く認知されるようになった病名ですが、正式なガイドラインは存在しておらず、自律神経の乱れによって不調が起こり、その不調に困っている人が診断を受ける状態名というのが本当のところです。


では、自律神経が乱れると私たちの体はどうなるのでしょうか?


今回は、自律神経失調症についてご紹介いたします。




自律神経失調症とは



098249.jpg


自律神経が正常に働かなくなることで、様々な不調が見られることを自律神経失調症と言います。


自律神経とは、私たちが自分の意思で動かせない心臓や胃腸の働きのコントロールを司る神経で、生命維持に欠かせない神経でもあります。


自律神経は私たちが一切意識せずに正常なら24時間休みなく働く神経で、そのおかげで私たちは寝ている間でも呼吸や心拍、消化器官で栄養を分解しています。


しかし自律神経失調症になると、交感神経と副交感神経のバランスが乱れるため、これらの機能が正常に行われなくなります。


交感神経は休む神経と言われていて、体や心をリラックスさせてゆっくりと休めることができます。


対して副交感神経は活発にする神経と言われていて、体の働きを活発にします。


交感神経と副交感神経が乱れる自律神経失調症は、身体的だけでなく、精神的にも様々な不調を及ぼします。


自律神経失調症の症状



頭痛
耳鳴り
疲れ目
動機
息切れ
手足のしびれ
胃の不快感や吐き気
生理不順
射精不能
早漏 など

このほかにも、めまいや微熱が続く、疲れやすい、フラフラして力が入らないなど生活に悪影響を及ぼす不調を感じることがあります。

自律神経失調症の治療



1417734.jpg


本能性型自律神経失調症 … 生まれつき自律神経が乱れやすい
神経症型自律神経失調症 … 心理的な問題による
心身症型自律神経失調症 … 日常生活のストレスを無理に抑えることによる
抗うつ型自律神経失調症 … 慢性的なストレスの蓄積による

自律神経失調症と一言に言っても、上記の4つのタイプに分けることができます。


自律神経失調症の治療では、症状やこれらのタイプなどによって、薬物療法とカウンセリングなど心理療法と併せて治療を行います。


まとめ



自律神経失調症になることで、私たちは生活に悪影響を及ぼす様々な不調を感じます。
この不調に困っている状態になることで、自律神経失調症と診断を受けます。


自律神経失調症は4つのタイプに分けることができ、それぞれのタイプに応じて薬物療法やカウンセリングなどの心理療法などで治療を行います。


原因不明の不調が長く続いているなら、なるべく早く心療内科や神経科を受診して、医師の診察を受けるようにしましょう。


ストレスから病気になる理由について詳しく説明しております。
ストレスから病気になる理由とは。心療内科と精神科どちらを受診すればいい?

関連記事

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

夕焼け

Author:夕焼け
夫婦でブログ運営しています。まだ一年も運営していないひよっこブロガーです。このブログに載せている商品は僕たちが実際に使って「これは良い!」と思った商品をおすすめしています。お気に入りのものが見つかりますように(*^.^*)v

かっぱと愉快な仲間たちスタンプ

はたのんが作ったラインスタンプが好評発売中です!良かったらご購入ください!


はたのんギャラリー

ハンドメイド作品も販売してます!良かったらご購入ください!




詳しいプロフィール詳細はこちら

ここからお買い物お願いします

楽天市場