FC2ブログ

摂食障害とは。拒食と過食のサインや治療法など

摂食障害という病気をご存知ですか?


自分の体形が病的に気になってしまったり、実際の体系と自分が思っている体系に障害がある。


一度食べだすとコントロールできないなど、様々な体系や体重・食べることに障害がある心の病気です。


時には命に関わることもある摂食障害ですが、具体的にどのような病気なのでしょうか?


今回は、摂食障害についてご紹介いたします。



摂食障害とは



1076498.jpg


摂食障害には、「神経性やせ症」と「神経性過食症」の2つに分けることができ、「拒食症」や「過食症」と呼ばれることが多い心の病気です。


まず、神経性やせ症では体重や体形の感じ方に障害があるのが特徴です。


神経性やせ症の患者は酷く痩せているのに、患者自身は「全く痩せていない」「もっと痩せたい」と感じている。


平均よりかなり痩せた状態なのにも関わらず、食べることを拒否したり、下剤の使用や嘔吐などを繰り返すため、身体面でも様々な症状がみられるようになります。


これに対して神経性過食症は、食のコントロールがきかなくなる病気のことを指します。


頻繁に過食をしてしまいますが、過食に加えて体重を増やさないために無理やり嘔吐するなどの症状も見られます。


しかしこれらは人前では行わないため、神経性やせ症とは違い気づかれにくい傾向にあります。


摂食障害のサイン



1458502.jpg


神経性やせ症や神経性過食症などの摂食障害には、家族や友人らに対してサインを発することがあります。


1.急激に体重が減った
2.痩せたり太ったりを繰り返す
3.体重が減っているのに「太った」という言動がみられる
4.食べる量が減る
5.カロリーの高い食事を拒否する
6.食べ出すと止まらない
7.食べ物を万引きする
8.大量の食べ物が部屋に隠されている
9.手の甲にタコができている
10.頬や顎のあたりが不自然に腫れている 等
【参考摂食障害 情報ポータルサイト

摂食障害の治療法



765984.jpg


摂食障害の治療は辛抱強く数年かけて、本人だけでなく家族らも協力しながら行う必要があります。


深刻な痩せ状態は命の危険もあるため、入院して体重を増やすことに専念し、過食症の場合は食生活と生活リズムの改善を図る。


自分で対処できたという経験を少しずつ積むことで、過食や拒食を徐々に抑えることができます。


まとめ




摂食障害は時に命にかかわる病気です。


自分が摂食障害に悩んでいる場合や、家族や友人が摂食障害に悩んでいたら、精神科や心療内科への受診を検討してみましょう。


ストレスから病気になる理由について詳しく説明しております。
ストレスから病気になる理由とは。心療内科と精神科どちらを受診すればいい?
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

夕焼け

Author:夕焼け
夫婦でブログ運営しています。まだ一年も運営していないひよっこブロガーです。このブログに載せている商品は僕たちが実際に使って「これは良い!」と思った商品をおすすめしています。お気に入りのものが見つかりますように(*^.^*)v

妻が作ったラインスタンプが好評発売中です!
良かったら↓からご購入ください!
ラインスタンプ


ハンドメイド作品も販売してます!
良かったら↓からご購入ください!
はたのんギャラリー


電子書籍も出版しております。
良かったら無料ダウンロードしてみてね!


詳しいプロフィール詳細はこちら

ここからお買い物お願いします

スポンサーリンク

楽天市場

スポンサーリンク