FC2ブログ

ストレスから病気になる理由とは。心療内科と精神科どちらを受診すればいい?

うつ病や自律神経失調症は広く知られるようになった心の病気ですが、そもそもどうしてこれらの病気が起こるのでしょうか?



そこには、私たちの身近なストレスが影響しています。



では、どうしてストレスから病気を発症するのでしょうか?



今回は、ストレスから病気を発症する理由と、発症した時に精神科と心療内科どちらを受診すればいいのかをご紹介いたします。



ストレスで病気になる理由



1497215.jpg


私たちにとって日々の生活は他愛のない当たり前のものですが、そこには多くのストレスにさらされていることが分かります。



例えば受験勉強や仕事、家事や育児のストレスなど、様々なストレスに悩まされながら生きている人が多いので、人によっては常にイライラや不安な気持ちなど、心に余裕が持てないと感じている人も多いことでしょう。



「病は気から」という言葉があるように、私たちが対処できる以上のストレスを感じたり、長い時間ストレスにさらされることで“心の不調”が慢性的になり、うつなどの病気になることがあります。



ストレスで起こる心の病気



1428132.jpg


抑うつ状態
冬季うつ病
摂食障害
不眠症
燃えつき症候群
自律神経失調症
アルコール依存症
テクノ依存症
双極性障害 など


心に不調をきたすこれらの病気の他、ストレスから身体面に症状が現れる心身症になることがあります。



心身症とは、様々なストレスを感じることで喘息や腹痛・アトピー性皮膚炎・リウマチなど、一見ストレスとは関係なさそうな症状が現れることを言います。



心療内科と精神科はどちらを受診すればいいの?



■独自ドメインにするとアクセス数が伸びやすくなります■






精神科と心療内科は同じものだと認識している方が多いですが、厳密に言うと違います。



精神科は心の不調を診る機関で、心療内科は心の不調から現れる体の不調を診る機関です。



精神科 … 抑うつ状態や不眠症など
心療内科 … 心身症など


ストレスで病気の疑いがあれば、早めにこれらの機関を受診しましょう。


まとめ



自分が耐えられる以上の大きなストレスや、ストレスを長く受け続けることで心の病気を発症するリスクが高まります。


もし心の病気を発症したら、心の不調のみなら精神科へ。


喘息やアトピーなど体の不調も現れている時は心療内科を早めに受診するようにしましょう。
関連記事

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

夕焼け

Author:夕焼け
夫婦でブログ運営しています。まだ一年も運営していないひよっこブロガーです。このブログに載せている商品は僕たちが実際に使って「これは良い!」と思った商品をおすすめしています。お気に入りのものが見つかりますように(*^.^*)v

かっぱと愉快な仲間たちスタンプ

はたのんが作ったラインスタンプが好評発売中です!良かったらご購入ください!


はたのんギャラリー

ハンドメイド作品も販売してます!良かったらご購入ください!




詳しいプロフィール詳細はこちら

ここからお買い物お願いします

楽天市場

スポンサーリンク