みんなが笑顔になれる商品をおすすめしたいと思います!

おすすめ商品ブログ

未分類

躁とうつを繰り返す双極性障害とは

投稿日:

かつて「躁うつ病」と呼ばれていた双極性障害には、Ⅰ型とⅡ型に分類することができます。
この双極性障害の診断は難しく、「うつ病の治療がなかなか効果がでないと感じていたら、実は双極性障害だった」というケースも珍しくありません。
また、病気そのものの理解もうつ病ほど広がっていない疾患の一つです。
そこで今回は、双極性障害についてご紹介いたします。

双極性障害とは

日本では、双極性障害の患者は全人口の0.4~0.7%と言われていて、これは1,000人に4~7人弱という少ない割合です。
この双極性障害とはうつ状態と気分が高揚し、なんでもこなせる自信に満ち溢れる躁(そう)状態を繰り返す病気のことを指します。
うつ状態と躁状態は両極端で、うつと躁の間隔が人によって数か月の人も居れば、数年ごとという人も居ます。
また、躁状態の程度も軽い躁状態なのか、買い物をしすぎて財産を失うくらい重度のものまで個人差があります。
双極性障害の患者は、躁の時に無謀な計画や買い物をしてしまうことで、対人関係や家庭が崩壊しやすく、また失業など社会的損失が大きい。
うつ病は死にたいほど重苦しい気分に押しつぶされそうになるという症状がありますが、双極性障害の場合は、そこに自分が躁の時にしてしまった罪悪感や自分への嫌悪感が加わるため、とても辛い思いをします。

Ⅰ型とⅡ型

双極性障害には、双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害の2つに分けることができます。
双極Ⅰ型障害 … 妄想や通常の役割がみられない完全な躁状態が1回でもみられる
双極Ⅱ型障害 … うつ状態を経験したことがあり、1回でも軽度の躁状態がみられる
双極性障害に似た症状が現れているにもかかわらず、これらの診断基準に達しない人も居て、この場合は、「気分循環性障害」と分類される場合があります。

双極性障害の治療法

かつて双極性障害は「躁うつ病」と呼ばれていたこともあり、うつ病の一種だと認識している人が多いですが、うつ病とは治療法や処方する薬が異なります。
状態に応じて薬を飲み分ける必要があるため、特に薬の使い分けが難しい疾患です。
薬物療法だけでなく、精神治療を併用して行います。

まとめ

双極性障害はうつ状態と躁状態を繰り返す病気で、完全な躁状態や妄想を経験したことがある人を指すⅠ型と、うつ状態を経験し軽い躁状態を経験したことがある人を指すⅡ型に分類することができます。
周囲の人が見てあきらかに異変が現れているにも関わらず放置すると悪化する恐れがあるので、早めに精神科を受診するようにしましょう。

-未分類

Copyright© おすすめ商品ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.