みんなが笑顔になれる商品をおすすめしたいと思います!

おすすめ商品ブログ

未分類

燃え尽き症候群はなぜなるの?原因と対処法

投稿日:

燃え盛る炎が突然消えるような様子が病名となった「燃え尽き症候群」は、誰にでもなる可能性のある病気です。
では、どうして燃え尽き症候群になってしまうのでしょうか?
今回は、燃え尽き症候群になる原因と、万が一なってしまったときの対処法をご紹介いたします。

燃え尽き症候群とは

1574663.jpg
アメリカの精神分析医、フロイデンバーカーが「バーンアウト」と名付けた燃え尽き症候群は、強い使命感や責任感を持って誰よりも仕事などに取り組んでいた人が、ある時を境に火が燃え尽きるように意欲を失い、うつ状態などの症状が現れる病気のことです。
医師や看護師・教師といった職業の人がかかりやすい燃え尽き症候群は、目に見える成果を得にくい人が陥りやすいという特徴があります。

燃え尽き症候群の原因

132009.jpg
雇用をめぐる不安
職場などの人間関係
親の漠然とした期待のもとで達成感を得られない
育児に対する不安
配偶者に対する不満
社会から孤立している など
燃え尽き症候群はうつ病と間違われやすい病気ですが、うつ病と燃え尽き症候群の違いは、うつ病のほうが自分のことを罰する考えに集中することです。
燃え尽き症候群は自分を責めることもありますが、その反面に怒りの対象が必ず存在しています。
また、罪悪感より絶望感や喪失感が大きく、時間やお金などを取り返したいという願望や、自分をもっと評価してほしいといった憧れを抱いているという特徴があります。

燃え尽き症候群になった時の対処法

447658.jpg
燃え尽き症候群の原因の根本を探ると、どれも目標に向けて働きすぎてしまっているということに行き着きます。
自分の生活をコントロールできないまでに働き詰めの状態であることが多いので、燃え尽き症候群になってしまう原因を変える必要があります。
時には仕事が原因という場合もあるでしょう。その時は、辞め時なのかもしれません。
自分の時間をコントロールできない場合は、転職を視野に入れて環境を変えるようにしてみましょう。

まとめ

燃え尽き症候群はバーンアウトとも呼ばれる病気で、誰しもがなる可能性があります。
燃え尽き症候群になってしまう原因の根本は、自分をコントロールできる時間が持てないということです。
そのため、燃え尽き症候群に陥ったら自分をコントロールできる時間を得るために、環境を変える必要があります。
時には転職なども視野に入れて、自分を大切にできる時間を調整してみましょう。
ストレスから病気になる理由について詳しく説明しております。
ストレスから病気になる理由とは。心療内科と精神科どちらを受診すればいい?

-未分類

Copyright© おすすめ商品ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.